北海へそ祭り2023の日程は?内容や歴史、屋台、駐車場、見どころ

お祭り
引用:https://www.andtrip.jp

2023年7月28日、29日「北海へそ祭り」 が行われます。

北海へそ祭りは北海道富良野市で開催され、日本国内のみならず海外からも観光客が訪れる、北海道を代表するお祭りの一つです。

今回は「北海へそ祭り」の内容日程と場所、見どころ、屋台、歴史、駐車場とアクセス、混雑状況、交通規制についてまとめました。

是非、参考にして頂き、少しでも気になった方は実際に足を運んでみてくださいね!

スポンサーリンク




北海へそ祭りとは?

ここでは、北海へそ祭りとはどんなお祭りなのかという点と、北海へそ祭りのスケジュールについてご紹介します!

是非参考にしてみてください!

内容

北海へそ祭りは、毎年7月28日と29日北海道富良野市で開催されるお祭りです。

名前の通り、地理的に富良野市が北海道の中心(へそ)部分に位置することから、人のお腹に顔に見たてた絵をかき、頭に大きな笠を被って踊り歩きます。

男性だけでなく、女性もTシャツに絵を描いて一緒に踊ります。

また、踊る際には北海へそ音頭という唄に合わせて踊るそうで、気になった方は菓子を調べてみてください!

北海へそ祭りでは、北海道ならではの特産品が楽しめる「へそ特産市」や、地元市民による音楽やダンス等のパフォーマンスなどが披露されます。

国内外から多くの観光客が訪れ、総勢でおよそ7万人もの人が訪れる、北海道を代表するお祭りの一つです。

夏の北海道を楽しむことができるこのお祭りは、一生のうちに一度は行ってみたいお祭りです!

皆さんもぜひ、北海へそ祭りで夏の北海道を楽しんでみてくださいね!

北海へそ祭りのスケジュール

下記に、お祭りのスケジュールをご紹介しますので参考にしてみてください!

気になったイベントがあれば、実際に足を運んでみてくださいね!

7月28日(金) ~舞台~ 場所:舞台・お祭り広場
15:30~16:00 書道パフォーマンス(富良野高校書道部)
16:00~16:30 彌榮太鼓の演奏
16:30~17:00 オープンセレモニー
17:00~17:15 北海へそ祭りの実演
17:30~18:00 子供へそ踊り大会
18:00~18:30 北眞神社神輿渡御・子べそ神輿・女神輿
18:40~18:50 ゴールド笠返還式
19:00~20:00 北海へそ祭踊り大会
20:00~20:10 実行委員会長挨拶
20:10~20:30 一般の部・キッズの部表彰
20:30~21:00 お楽しみ抽選会
7月28日(金)~イベント~ 場所:お祭り広場・ふらっと駐車場・本通り会場
12:30~14:30 へそランド縁日イベント
13:00~18:00 へそ体験村
15:00~19:00 全国へそのまち観光物産展in富良野
15:00~21:00 特産市「ふらのへそグルメ」
15:00~17:00 へそ踊り飛び入り参加受付
18:30~21:00 ビールパーティー
7月29日(土)~舞台~ 場所:舞台・お祭り広場
10:00~10:30 彌榮太鼓の演奏
10:30~12:00 赤ちゃんハイハイレース
12:30~13:30 へそ歌王決定戦!
13:35~14:05 ステージ出演:みどり塾バンド
14:10~14:40 ステージ出演:Fumi&コロマイカイ
14:45~15:15 ステージ出演:ダンススタジオSmilefactory
15:20~15:35 北海へそ踊りの実演
15:45~16:15 ステージ出演:宍戸社中
16:20~16:50 ステージ出演:レイアロハフラスタジオ旭川富良野教室
16:55~17:25 ステージ出演:doocle FURANO
17:30~18:00 ※子どもへそ踊り大会(28日中止時)
18:00~18:30 北眞神社神輿渡御・女神輿
19:00~20:00 北海へそ踊り大会
20:00~20:10 実行委員会長挨拶
20:10~20:30 へそ踊り一般の部・キッズの部表彰
20:30~20:55 エンディングセレモニー
7月29日(土)~イベント~ 場所:お祭り広場・ふらっと駐車場・本通り会場
10:00~21:00 特産市「へそグルメ」
10:00~17:00 へそ体験村
11:00~15:30 へそバス出発~!
12:00~14:00 へそ祭り!甲冑着付け体験セレブレーション!
13:30~15:00 きみが、へそ探偵!
15:00~18:30 全国へそのまち観光物産展in富良野
15:00~17:00 へそ踊り飛び入り参加受付
18:30~21:00 ビールパーティー

日程と場所は?

2023年(令和5年)北海へそ祭り開催期間と会場は次の通りです。

いつから、いつまで、どこで開催されるのかしっかり確認してみてくださいね!

日程・会場

北海へそ祭り
開催日 2023年7月28日(金)〜7月29日(土)
開催時間 7月28日(金) 15:30~21:00

7月29日(土) 10:00~21:00

開催会場 富良野駅周辺
住所 〒076-0025 北海道富良野市日の出町1
マップ  
公式HP https://hesomatsuri.com
お問い合わせ 北海へそ祭り実行委員会 富良野市役所商工観光課

スポンサーリンク




混雑状況

北海へそ祭りは、国内だけでなく海外からの観光客も訪れ、その数はおよそ7万人にも上ります。

中でも屋台が出店されるエリアや、二日目は土曜日なのでとても混雑することが予想されます。

また、会場では交通規制も実施されるので、周辺道路では車も渋滞するようです。

お車で向かわれる方は、十分ゆとりを持って早めに移動されるか、公共交通機関をご利用されることをお勧めします!

しかし、混雑も北海へそ祭りならではのものですので、にぎやかな雰囲気も味わってみてくださいね!

見どころ

メインイベントのへそ踊り

引用:https://www.andtrip.jp

北海へそ祭りの最大の見どころは、「へそ踊り」です。

へそ踊りとは、踊り手のお腹に図腹(ずばら)という顔を描いて踊るものです。

19~20時には、へそ踊り大会という催しが開催され、図腹の美しさや踊りの統一感などを審査されて、優れた参加チームには賞が贈られます。

ふくよかな体型の人のお腹に描かれる図腹は大迫力で、踊り手が踊るたびにそのお腹の表情が上下に動き、会場は大いに盛り上がります。

描かれる図腹の種類には、歌舞伎風なものもあればアニメ風なものもあり、見どころの一つです。

皆さんもぜひ、へそ踊りで大いに笑い、盛り上がってみてください!

ちなみに、両日100名まで、15時まではへそ踊りには飛び入り参加が可能なようなので、参加側に回っても面白いと思いますよ!

屋台

引用:https://hokkaido-travel.com

北海へそ祭りでは、屋台が出店されます。

定番のお祭り屋台を楽しむことができ、へそ踊りなどのイベントを見ながらグルメを味わうこともできちゃいます!

地元の飲食店が出店する屋台もあるようで、ご飯として十分楽しむことができます。

「へそ特産市」では、地元の食材を使ったおいしいグルメの屋台も並びますので、イベントと一緒に屋台も楽しんでみてください!

スポンサーリンク




歴史

引用:http://hesomatsuri.com

北海へそ祭りの起源は、1969年にさかのぼります。

この年、富良野市民憲章が制定され、これと同時に北海へそ祭りが始まりました。

その富良野市民憲章の中に、「私達は北海道の中心標の立つ富良野市民です」という一文があります。

物には全て中心があり、人間の中心はへそという考えから、北海道の中心標という事はいわば「北海道のへそ」である、と解釈されるようになりました。

この事を、富良野市の観光業や商業の発展に活かすことはできないか、という考えから北海へそ祭りの誕生へとつながりました。

また、北海へそ祭りの誕生と発展に大きく貢献したのが、操上さん、森田さん、横尾さんの3名です。

主にこの3名の献身的な協力があって、北海へそ祭りは作られていき、この3名は「ヘソキチ」「ヘソ三羽カラス」などと称されるようになりました。

その他にも街の人々の協力があって、現在の盛り上がりを見せていることは間違いありませんが、「ヘソ三羽カラス」の当時の努力があり、今では7万人を動員するほどの、北海道を代表するお祭りになりました。

また、開催一回目は踊り手がやっと11名だったそうですが、今では約4000名もの踊り手が参加します。

初期の様子を考えると、ここまで大盛り上がりのお祭りになったという事にとても感動してしまいますよね!

歴史や伝統を深く感じる北海へそ祭りに、足を運んでみてはいかがでしょうか!

アクセスと駐車場

ここではアクセスと、駐車場についてまとめました。

会場までの経路や、所要時間などについて前もってチェックしてみてくださいね!

アクセス

ここでは、富良野駅までのアクセスをご紹介します!

JR富良野駅
住所 〒076-0025 北海道富良野市日の出町1
最寄り駅 ・JR富良野駅
アクセス 【電車】

・札幌からお越しの場合【約2時間】

JR札幌駅 ― 特急フラノラベンダーエクスプレス乗車
JR富良野駅下車

JR札幌駅 ― 特急ライラック・カムイ(旭川行)乗車
滝川駅下車(乗り換え) ― JR根室本線(富良野行)乗車
JR富良野駅下車

・旭川からお越しの場合【約1時間20分】

JR旭川駅 ― JR富良野線乗車 ― JR富良野駅下車

【車】

道央自動車道「三笠IC」より車で1時間半

マップ

 

周辺の駐車場

駐車場 車止め2 駐車場,パーキング,パーキングブロックの写真素材

北海へそ祭りの当日は臨時駐車場が用意されるとの事ですが、まだ公式の発表がありませんでしたので、発表があり次第追記します。

ここでは周辺の駐車場についてご紹介します。

開催当日は駐車場も混雑する可能性があるので、十分注意するようにしてください!

①富良野市営無料駐車場
住所 〒076-0026 北海道富良野市朝日町1
営業時間 24時間
料金 4時間以内 無料 *4時間以上駐車禁止
駐車台数 約30台
マップ
②日の出町無料駐車場
住所 〒076-0025 北海道富良野市日の出町2
営業時間 24時間
料金 無料
駐車台数 約50台
マップ  
③富良野市役所駐車場
住所 〒076-0018 北海道富良野市弥生町1−1
営業時間 平日 8:30~17:15
料金 無料
駐車台数 83台
マップ  

スポンサーリンク




交通規制

引用:http://hesomatsuri.com

北海へそ祭りでは、交通規制が実施されます。

実施期間は7月27日(木)6:00~7月30日(日)11:00です。

実施エリアについて、詳しくは上記画像をご参照ください。

お車で向かわれる方は、周辺道路が大変混雑することが予想されますので予めご注意ください!

交通規制
実施期間 場所
7月27日(木)6:00~7月30日(日)11:00 上記画像をご参照ください。

まとめ

今回は、7月末に北海道の富良野市で開催される「北海へそ祭り」についてまとめました。

北海へそ祭りは、国内だけでなく海外からも観光客が訪れ、総動員数は7万人にも上る北海道を代表するお祭りの一つです。

北海へそ祭りの最大の見どころは、踊り手のお腹に図腹(ずばら)という顔を描いて踊る「へそ踊り」です!

その他にも地元の特産品や定番のお祭りグルメが楽しめる屋台や、子どもへそ踊りなど魅力満載のイベントが盛りだくさんです。

是非、皆さんも北海へそ祭りへ足を運んでみてください!

北海道の夏を最大限味わっちゃいましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました